戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆敷ノ山(しきのやま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「伊野」(昭和28.10)を使用したものである

所在:高知市鏡敷ノ山
地形図:川口/いの
異表記:敷の山
形態:山中に家屋が集まる
標高:約450〜550m
訪問:2009年10月

 

 的渕(まとぶち)川の左岸山中にある。古い地図では5軒くらいの建物が見られる。大字敷ノ山は大字柿ノ又(かきのまた)により東西に分かれているが、集落の「敷ノ山」があったのは東側。
 
地元の商店(柿ノ又に所在)の方の話では、かつては7軒。昭和50年には既に無人になっていた。同じく無人になった池河内よりは、離村時期は遅かった。山村(やまむら)姓が多い。神社は八幡神社。
 
集落には数軒の廃屋が残り、斜面に石垣が築かれる。上部では何かのお堂(写真5)と神社(写真6)も残る。なお登り口にも1軒の在住民家(旧家ではない? 移住?)があるが、集落としての敷ノ山に含まれているかは分からない。

 


写真1 廃屋

写真2 廃屋

写真3 廃屋にて

写真4 廃屋にて

写真5 お堂

写真6 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ