戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆忍部窪(しのべがくぼ・しのべのくぼ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「伊野」(昭和28.10)を使用したものである

所在:高知市鏡柿ノ又(かきのまた)
地形図:川口/いの
アクセント:シノベクボ
形態:山中の一軒家
標高:約620m
訪問:2009年10月

 

 的渕(まとぶち)川右岸の山中にある。古い地図では1軒の建物が見られる。
 
中山(なかやま)で数人に話を伺っているうち、地名の読みと関係者が近くの作業小屋にいることを教えていただいた。関係者(両親が在住者)の話では、家は1軒。覚えている範囲では既に移転していたので、無住になったのは70年以上前か。小学校低学年の頃にはまだ畑と家屋が残っていた。最近地籍調査があり立ち会ったが、谷の近くに地目が「田」の場所があった。現在は涸れ谷になってしまったが、かつては水も流れていた。(それでも田ができるような環境ではなく、地籍調査があるまで知らなかった)。近々家のあった場所の地目(現在は「宅地」)を変更する予定。
 
屋敷跡へ行くのに同行していただいたが、草や灌木が生い茂り到達することはできなかった。遠くから位置を確認するにとどまったが、草がなければ石垣も見えるという。なお、この方は単に「シノベ」と呼ぶ。

 


写真1 屋敷跡(写真中央やや下)

写真2 墓地跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ