戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆葛川(くずかわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新居濱」(昭和23.4)を使用したものである

所在:四国中央市富郷町津根山(つねやま)
地形図:弟地/新居浜
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約450m(水面は約450m)
訪問:2009年10月

 

 富郷ダムの人造湖(法皇(ほうおう)湖)により移転・一部水没した集落。『伊予三島市 嶺南』によると、戸数は昭和7310戸、同561010戸。
 
古くからの姓は苅田・岩崎(津根山全体では高橋・曽我部・近藤も)。

 「傾斜の地形であるが日当りが良く農作物が良く出来る。昔は三椏の栽培と林業、木炭等の生産多く別子銅山の木材、木炭の運送業等仕事に恵まれ、ために経済的には恵まれていた。」
 
「白滝鉱山、別子銅山の栄えた頃は、この地に数軒の宿もあってよく利用されていた。」
 
「ここも平家の落人伝説地で、明剣神社があり熊野の神をお祀りしている。」(『伊予三島市 嶺南』)

 


写真1 集落付近

写真2 展示施設にて。葛川は写真中央、向かって右岸

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ