戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆旧別子銅山



※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「新居濱」(明治41.8)を使用したものである

在:新居浜市別子山
地形図:別子銅山/新居浜
形態:山中に家屋や施設が多数集まる
離村の背景:産業の衰退
標高:
訪問:2009年10月

 

 有名につき詳細は省略。
 以下は資料や現地の案内板を参考にまとめたもの。「区分」「細別」は村史による。

区分

細別

摘要
銅山 前山(まえやま) 銅山峰のすぐ南の地区
山方(やまかた)  労働者の住宅・歓喜坑・歓東坑
目出度町(めったまち)  住宅のほか、代表的な施設は重任局(=鉱山事務所。明治25年焼失)・勘場(=会計)・郵便局・小学校分教場・住友病院・別子山村役場・大山積神社
木方(きかた) 焼鉱窯が並び、職員の住宅のほか、明治25年に目出度町より重任局が移転
見花谷(けんかだに) 労働者の住宅。明治32年8月の台風で潰滅
 両見谷(りょうけんだに)
裏門(うらもん) 家が2、3軒
永久橋(えいきゅうばし) 蘭塔婆(場)(らんとうば)(※)のすぐ南側 
奥窯(竈)(おくかま) 奥窯谷の上流に金鍋坑
東延(とうえん) 東延 採鉱本部(大正5年まで)・東延斜坑
南口 第一通洞・代々坑・採鉱課・経理課・調度課等
溶鉱炉 溶鉱炉  
高橋(たかばし) 飯場・商店等があったが、明治32年溶鉱炉流出後は高橋精錬所と採鉱・精錬関係者の住宅が主体。古くは馬方集落として開けた。ダイヤモンド水がある
小足谷(こあしだに) 上前(うわまえ) 職員の住宅。代表的な施設は醸造所・接待館・小学校・劇場など。最も新しい居住地区
下前(しもまえ) 下前に商人・朝日谷(あさひだに)に労働者の住宅。最も新しい居住地区

※ 元禄7年の大火の犠牲者を祀った墓地。鉱山の撤退後は新居浜市山根町(やまねちょう)に移転

 


写真1 石塔。円通(えんつう)寺別院にて

写真2 小足谷・醸造所の煙突

写真3 小足谷・接待館

写真4 小足谷・社宅にて

写真5 小足谷・神社

写真6 小足谷・劇場の石段

写真7 木方を望む

写真8 目出度町・石段

写真9 屋敷跡?

写真10 「延喜(えんき)の端」より見花谷・両見谷方面を望む

写真11 蘭塔婆(場)

写真12 木方・常夜灯

写真13 木方・遺構

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ