戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆椎ノ尾(しいのお)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「櫻谷」(昭和26.9)を使用したものである

所在:上那賀町白石(しらいし)椎ノ尾
地形図:長安口貯水池/桜谷
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:移転事業(1世帯在住?)
標高:約300m〜450m
訪問:2008年9月

 

 那賀(なか)川の左岸にあり、国道195号では市宇(いちう/イッチュー)集落のひとつ隣にある。
 昭和47年4月、町の集落整備により上ノ内公営住宅(大字平谷)に移住、形式的には解散状態となる。しかし台風等危険なときを除いては、住み慣れた家に帰って生活することが多くなっている。公営住宅との二重生活。移住直前で家は家段3・西堀2・堀田・東・鴻瀬・川口・椿本各1。
 集落は急な斜面にへばり付くように家々が並んでいる(1軒は国道沿いの尺地に建ち、バス停が目の前にある。常住か)。集落内の道は細く、通り抜けられる道なのか民家に通じる道なのかが分かりづらいが、途中からは集落内を縦断する急な石段となる。手入れがされた家が多く、無人の集落とは分からない。
 
榑山からの帰り道、家に戻っている方に出会ったので話を伺った。椎ノ尾は奥の榑山から分かれて生じた集落。榑山と併せてかつては32軒。1家族に14、5人くらいの大家族も普通だったそう。昭和40年代に人が減っていった。上流に「那賀町清掃センター」ができて以来、灰やカラスに悩まされている。移転先でも何かと問題があり、話を聞く限り移転事業は決してスムーズなものではなかったよう。住民と行政の間にわだかまりを残している。

 


写真 集落最上部の人家

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ