戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆棗原(なつめばら)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「上下」(昭和22.6)を使用したものである

在:三次市棗原
地形図:
稲草/上下
アクセント:ナツメバラ
形態:川沿いに家屋が集まる

離村の背景:ダム建設

標高:約220m(水面は約230m)
訪問:2013年5

 

 町の東部、馬洗(ばせん)川沿いにある。現在は灰塚ダムの人造湖(ハイヅカ湖)に水没。
 『灰塚ダム湖とその周辺の生活』の集落分布の図を参考にすると、水没した小集落は下流より棗原下・棗原中・棗原上(なお地図画像の左側が下流)。
小字としては、下が主に幸田(こうた)・土林(つちばやし)など、中が土井(どい)、上については資料では左岸に記されているが、おそらく右岸の清替屋(せいかんや)(地図画像右上)と思われる。
 同書によると、昭和35年44戸、同45年39戸、同55年33戸、平成2年37戸。農家(兼業含む
)は37戸中25戸で、9割弱が水田。なお同地には灰塚小学校があったが、水没に伴い灰塚地内の「のぞみが丘」脇の高台に移転した。
 なお大字棗原は近世の三谿(みたに)郡棗原村。明治22年萩原村(のち三良坂町)の大字となる。明治21年31戸189人、昭和25年48戸215人。同45年37戸125人。(角川)

 


写真 集落付近

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ