戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大谷(おおだに)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「上下」(昭和22.6)を使用したものである

在:三次市大谷
地形図:
稲草/上下
アクセント:オダニ
形態:川沿いに家屋が集まる

離村の背景:ダム建設

標高:約240m(水面は約230m)
訪問:2013年5

 

 町の東部、馬洗(ばせん)川の右岸支流沿いにある。灰塚ダム建設に伴い離村したが、水没はしていない。
 『灰塚ダム湖とその周辺の生活』の地名地図を参考にすると、集落は
小字としては大谷平(おおだにびら)・貝ノ平(かいのひら)などに所属。
 現地では谷沿いに小屋が2棟ほど見られ、うち1箇所は屋敷跡の一部。もう一方は「堂前橋」のそばにあるが、何かを祀った堂宇だろうか(写真7)。総じて
屋敷跡等も判別しづらく、概ね往時の面影はない
 なお大字大谷は近世の三谿(みたに)郡大谷村。明治22年萩原村(のち三良坂町)の大字となる。明治21年22戸110人、昭和25年23戸131人。同45年17戸54人。(角川)

 


写真1 灰塚ダム

写真2 集落風景

写真3 大谷橋

写真4 屋敷跡

写真4 屋敷跡?の石垣

写真5 廃車

写真6 灌漑用水路跡?

写真7 小屋?

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ