戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆民ヶ谷(みんがたに・みんがたん/ミンガタ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「日原」(昭和33.5)を使用したものである

所在:津和野町左鐙(さぶみ)
地形図:石谷/日原
アクセント:ンガタニ・ンガタン・ンガタ
形態:谷沿いに家屋が少数集まる

標高:約250m
訪問:2015年8月

 

 大字左鐙の北西部、集議谷(しゅうぎだに)川(高津(たかつ)川支流)の流域にある。
 町史によると、昭和37年の時点で2戸。平家伝説にちなむ地名で、追っ手が落人のことを尋ねた際、落人に同情した地元民が「そねえな者は見んがなあ」と答えたことによる。なおそのお蔭で追っ手の勢いが緩んだ間に一同が寄り集まって評定したところを集議(愁気)という、と伝わる。
 付近の畳(たたみ)や軍場(ぐんば/グンバー)で伺った話では、離村は4、50年ほど前ではないかとのこと。
 訪問は上部を通る林道より、大久保経由で到達。現地では植林地の中に屋敷跡を1箇所確認。墓地(水津家)は現在でも管理され、時折の訪問が窺える。最も新しいものは昭和40年。また山道沿いには何かの基部が見られたが、墓か祠の跡だろうか(写真4)。

 


写真1 屋敷跡

写真2 屋敷跡にて。浴槽

写真3 墓地

写真4 何かの基礎

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ