戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大熊(おおくま)

※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「栗栖川」(昭和28.6)を使用したものである

在:田辺市面川(めんがわ)字大熊?
地形図:合川/栗栖川
アクセント:オークマ
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:移転事業
標高:約400〜450m
訪問:2010年2月

 

 大字面川東部の山中にある。
 集落へのルートは、面川の中心部(下地(しもじ))より山道を登るものと、林道(井ノ谷(いのたに)線)で稜線上まで登り、山道を下るもの(大篁谷(おおやぶたに)坂より
峠を越えた後の道筋に当たる)がある。訪問時は期せずして後者を利用することになった(訪問時に誤って林道まで登ってしまったので、大熊を先に訪れた)。
 集落は南北に長く、農地もたいへん広い。屋敷跡はこの中に散在。集落のほぼ中央には古い墓地(写真3)が残り、北部には石仏も見られる(写真4)。下地からの山道の途中には巨木と石仏があり(写真5)、ここまでは所々石段になっている。
 地元の方(の元住民)の話では、かつては10数軒。昭和46年、平とともに行政による集落再編成事業により全戸転出した。移転先は村内鮎川(あゆかわ)の団地のほか、面川の新興住宅にも数軒。姓は岡本(おかもと)が多く、各々親戚関係。林業を生業とする傍ら、田畑で自給用の農作物を作っていた。

 


写真1 屋敷跡


写真2 農地跡


写真3 墓地


写真4 石仏


写真5 道中の石仏

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ