戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小木守(こごもり)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「栗栖川」(昭和28.6)を使用したものである

所在:田辺市木守(こもり)
地形図:木守/栗栖川 
アクセント:コモリ
形態:川岸の低地に家屋が少数集まる
標高:約320m
訪問:2007年11月

 

 国道371号の前(まえ)ノ川沿い、下木守(しもこもり)集落より南に約1.5km下った右岸にある。古い地図では2軒の建物が見られ、現在の地図でも川岸に小平地があるのでそれと分かる。
 下木守の方の話では、小木守は明治期に3軒の家があり、昭和17、8年にいったん無人になった。戦後に食糧の生産のために再び居住者が入ったが、しばらくして再び無人になった。畑山(はたやま)姓2・後(うしろ)姓1。墓地があるとのこと。
 集落は国道からは川を挟んで対岸にある。降り口には小さな看板があり、下りの石段が川原まで残っていた。川原まで降りると、対岸に開けた平らな土地を望むことができる(写真1)。橋はなかったが、川は浅く水もきれいなので渡渉した。川原にあるせいか、集落跡はとても石が多い。集落を山の斜面まで縦断する道(写真2)が僅かに残り、道の両側には耕地の跡が段々に残る。生活痕はほとんどなく、壜や瀬戸物のかけらがごく少数残るのみ。穴の掘られた敷地が1箇所あったが、人家の跡だろうか。山の斜面まで到達すると、植林されているものの大きな石がとても目立っていた。小木守の方に伺った墓地は、残念ながら分からなかった。

 


写真1 対岸の集落跡


写真2 道



写真3 石積み

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ