戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆滝の口(たきのくち)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「龍神」(昭和28.7)を使用したものである

所在:田辺市中辺路町兵生(ひょうぜい)字安堵(あんど)
地形図:恩行司/龍神
異表記:滝ノ口
アクセント:タキノクチ
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約490m
訪問:2007年10月

 

 兵生の最も奥部、富田(とんだ)川を遡ること寺野から約3.3km(直線距離)の場所にある。寺野からは林道滝の口線が通じている。
 林道をしばらく進むと滝の口橋(昭和31年10月架設)という小さな古い橋があり、ここをを渡ると
広見川 方面・坂泰谷方面に道が分岐している。この分岐点に僅かな平地があり廃屋が1軒、倒潰家屋が1、2軒残っていた。さらに少し川を遡った対岸にも、1軒の建物が残っていた。生活感はなく、中には雑誌や古いランプなどがあった。
 地元の方の話では、ここは民家の集まりではなく山仕事のための飯場だったそう。
 書籍『関西の山々』(昭和43年発行)の「果無山脈縦走」の項では、当地を含む周辺の地図が記載されている。これによると当地には「栗栖川(※)財産区山林事務所」があったよう。

※ 栗栖川(くりすがわ)は、中辺路町の中心集落

 


写真1 廃屋


写真2 廃屋にて


写真3 倒潰家屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ