戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆下村(しもむら)

※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「川原河」(昭和28.5)を使用したものである

在:日高川町串本(くしもと)字下串本(しもくしもと)・小畑(こばた)・三鹿野(みつかの)ほか
地形図:寒川/川原河
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:200m前後(水面は約200m)
訪問:2011年2月(渇水時)

 

 大字串本の西部、日高(ひだか)川左岸にある。椿山ダムの建設により移転し、集落のほとんどがダム湖に沈む。広義では小滝浦(こだきうら)集落(字小滝)もこれに含まれる。
 探索したのは小字三鹿野(下村のうち左岸最上流)のみであったが、川沿いに2箇所ほどの屋敷跡を確認。浴室跡?や瓦などが確認できる。石積みで一段高くなった、四角く狭い土地(写真4)があったが、何の跡であるかは不明。また何かの基礎のような石も見られた。水面下は石垣によりもう一段低くなっている様子が窺える(写真5)が、ここより下にも屋敷跡や農地跡があったのだろう。

 


写真1 集落内にて


写真2 道と石垣


写真3 集落内にて。左下は浴槽


写真4 何かの敷地


写真5 水面。水中の平地の下も段になっている
≪移転前≫
 ※ 日高川町役場美山支所より提供していただきました

写真6 集落風景

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ