戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆左手輪(さでわ)

所在:田辺市本宮町久保野(くぼの)字左手輪?
地形図:発心門/龍神
アクセント:サデワ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約270m
訪問:2011年4月

 

 栗垣内(くりがいと)谷左岸の山中、柿原と栗垣内の間にある。古い地図には建物が記載されているものの地名の記載がない。距離が近いため地図上では柿原の一部と混同してしまうが、所属する大字が異なる別々の集落。後述の地元の方に教えていただいた。
 地元の方々(栗垣内(くりがいと)在住:80代後半・下湯川(しもゆかわ)在住:70代前半)の話では、石塚(いしづか)家が3軒(下湯川の方が知っているのは2軒のみ) 昭和30年代にはまだ暮らしていたという。石塚は栗垣内でも多い姓。主に山仕事で暮らしていた。
 
柿原献上訪問後、先述の地元の方と一緒に訪問。廃屋1軒、物置小屋の残る屋敷跡1箇所、石仏が祀られている場所(写真3)などを見て回った。石仏群の前には小さな平地があるが、ここでは祭りの催事が行われ、栗垣内の住民も訪れて賑わったという。また集落の中には蚕室の跡(写真4)があるが、これは行政による定住政策で後年になって作られたもの。長くは続かなかったという。

 


写真1 廃屋


写真2 屋敷跡の入口

写真3 石仏群

写真4 蚕室跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ