戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆松畑茶屋(まつはたちゃや)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「新宮」(昭和28.4)を使用したものである

所在田辺市本宮町請川(うけがわ)
地形図:本宮/田辺 
形態:山中の道
沿いに家屋が集まる
標高:約300m
訪問:2009年4月

 

 本宮の請川(うけがわ)から旧熊野川町の小口(こぐち)に至る熊野古道の一部、小雲取(こくもとり)越えの道中にある。古い地図では7軒くらいの建物が見られるが、「松畑」の地名表記がある(正しくはここの西にある集落が松畑で、こちらとは区別される)。地元の方は単に「茶屋」と呼び、また集落という意識も強い。
 
集落跡は小さな広場になっており、長椅子があり休憩ができるようになっている(写真1)。ここを中心にいくつかの屋敷跡が残る。古い墓地もあり(写真3)、うち1つは米地姓。ほか田辺市教育委員会が立てた「松畑茶屋跡」の看板がある。以下はその抜萃。

 熊野参詣道中辺路の派生ルート「大雲取」「小雲取」沿道には、茶店などの跡が多く残されており、「松畑茶屋跡」もその一つである。
 
現在も、広い平坦地に高い石段を積んだ屋敷跡が二段にあり、墓地の跡もある。
 
元文4年(1739)の「熊野めぐり」には「松畑茶屋とて四、五軒も有。」と記されている。(以下略)

 ここで松畑出身の方に出会い、話を伺うことができた。かつては6軒くらいの家があり、戦後までは人が暮らしていたが請川谷・松畑よりも無人化は早かった。さらに昔には、茶屋のほか宿もあった。田はなく、農地は畑だったそう。

 


写真1 広場

写真2 階段(古道の一部)

写真3 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ