戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大平(おおひら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「吉野山」(昭和26.7)を使用したものである

所在:吉野町六田(むだ)字大平・字出合
地形図:吉野山/吉野山
異表記:太平(こちらが正式?)
アクセント:オーヒラ
形態:谷沿いの斜面に家屋が散らばる
標高:約200〜250m
訪問:2009年6月

 

 大字六田の山中、太平(おおひら)山の西斜面にある。
 
現在は字大平に小屋と畑跡が残る屋敷跡が1箇所(写真1)
、字出合に廃屋が2軒残っている(写真2・3)。斜面には農地の跡が残る。
 
地元の方(奥六田(おくむだ)在住、花瀬出身)の話では、覚えている範囲で4軒。田畑や山仕事を生業として暮らしていた。転出まで電気はなかったという。姓は乾・大平・出合など。転出先は奥六田が多い。
 
町史によると、明治43年出合・大平併せて6軒(すべて農業)。昭和463軒。

 


写真1 物置


写真2 廃屋

写真3 廃屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ