戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆津越(つごえ)

所在:十津川村西中(にしなか)
地形図:重里/龍神
異表記:津越野?

アクセント:ゴエ
形態:山中に家屋が散らばる
離村の背景:(1世帯現住)
標高:約300〜400m
訪問:2009年9月

 西(にし)川右岸の山中にある。
 
現在は1世帯が住んでおり、ここの方(旦那さん昭和11年生まれ)の話によるとかつては5軒あった。山仕事が主な生業で、自給用の田畑があった。現在西川に架かる吊り橋は昭和30年以降に架けられたもので、それまでは川まで降り丸木の橋で行き来していた(光野垣内(こうのがいと)付近からか)。吊り橋の袂から家まで延びるモノレールは78年前に敷設。
 
現地にはこの方の家(写真1)と、下手に物置のみが残る屋敷跡(写真2)、上手に倒潰家屋が残る。ほか水瓶が置いてある水場(写真3)や墓地の跡なども確認。

 


写真1 現住家屋


写真2 屋敷跡

写真3 水場

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ