戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆野広瀬(のびろせ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「釋迦ガ嶽」(昭和29.3)を使用したものである

所在:十津川村川津(かわつ)
地形図:風屋/釈迦ヶ岳

形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約280m(水面は約290m)
訪問:2013年6月ほか

 

 大字川津の東部、十津川右岸にある。現在は風屋(かぜや)ダムの湛水に伴い水没。
 『十津川の地理』によると、昭和34年6戸41人。風屋ダムの建設のため移転し、転出先は川津の津越野1、村内滝川(たきがわ)1、五條市2、和歌山県2、三重県1、愛知県2(※)

※ 戸数の合計が合わないが、昭和34年以前の転出者も含めたものか。

 


写真1 集落付近(撮影時期不明〔2010年以前〕)


写真2 同(2013年6月撮影)

写真3 同(以下2017年5月撮影)

写真4 左岸旧国道跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ