戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆中根(なかね?)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「龍神」(昭和28.7)を使用したものである

所在:十津川村小山手(こやまて)
地形図:重里/龍神 
形態:山中の尾根上に家屋が集まる
標高:約600m(小坪瀬集落は約370m)
訪問:2007年10月

 

 西(にし)川右岸、丸尾(まるお)山の中腹にある集落。古い地図では3軒の建物が見られる。
 小坪瀬バス停・下小坪瀬バス停の間に、やや分かりづらいが川へ下る道がある。1軒の廃屋があり、ここから吊り橋で対岸に渡る。
 現地では1軒の廃屋(写真1)とその裏には荒れた墓地(写真2)、耕地の跡、1箇所の建物(人家?)の敷地、物資運搬用の索道の支柱(写真3・4)、木製の電柱を見ることができた。墓石より杉坂姓・中屋姓を確認。「バン」でいうところの所属は不明。
 地名は、尾根の中ほどの意味か

 


写真1 廃屋


写真2 墓地


写真3 支柱

写真4 支柱

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ