戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆南股(みなみまた・みなまた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「伯母子嶽」(昭和28.10)を使用したものである

所在:十津川村杉清(すぎせ)字南股
地形図:伯母子岳/伯母子岳
形態:谷沿いの斜面に家屋が集まる
標高:550〜600m
訪問:2009年10月

 

 神納(かんの)川の支流、南股谷沿いにある。古い地図では5軒くらいの建物が集まって見られる。
 『
十津川の地理』によると、昭和34年「小字別戸口数南股3戸(農業兼日傭労務)8人」とある(第3章)。ただし別の記載では3戸17人であり、(第2章)これは資料『十津川』(昭和36年刊)に同じ
 『十津川郷採訪録』によると、家は以下のとおり。

番号 屋号 備考
1 佐古 福井 畝谷からの家系
2 (ひがし) 福本 昭和36年杉清(すぎせ)の三田谷(びただに)へ転出
3 水屋 山本 昭和20年代(第2巻)あるいは大正末期(第3巻)、五條市へ転出。もとは沢渡家(屋号同じ)が居住

 下流からのアクセスには不安があったため、南の稜線を走る林道より上流からの訪問を試みた。ただし最近の地図に描かれている道(破線)は、不明瞭なうえに途中で消滅する。かえって畝谷へ降りる道(地図に記載なし)のほうが分かりやすい。
 集落は、緩い谷の両側に家屋や農地が段々になっている。屋敷跡の1つには倒潰家屋が残っていた(写真2)。

 


写真1 農地跡


写真2 石垣と倒潰家屋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ