戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小井ノ平(こいのたいら)

所在:下北山村上池原(かみいけはら)
地形図:池原/釈迦ヶ岳
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:水没(旧家は自然消滅?)
標高:約120m(水面は約180m)
訪問:―

 

 七色ダムの人造湖(七色貯水池)に沈んだ集落。北山(きたやま)川沿いで、小井の対岸にある。古い地図に地名の記載はないが、2軒の建物が見られる。
 以下は村史より、集落についての記述を抜萃したもの。


小井ノ平と中山
 
小井対岸の、大川の急屈曲に囲まれた半島状の小丘をナカヤマと呼び、その突端の平坦な小段丘をコイノタイラという。ここには田はなかったが、畑が一斗マキ以上もあって、昔は家も二軒あった。七色ダムの建設前、こんな狭い所に三十軒もの「幻部落」が出来た

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ