戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆平辻(たいらつじ?)

所在:野迫川村北股(きたまた)
地形図:上垣内/伯母子岳
形態:山中の一軒家
標高:約1,000m?
訪問:2011年4月

 

 大字北股の南西部、熊野古道・小辺路(こへち)沿いにあり、水ヶ峰から下って平(たいら)および大股(おおまた)への分岐点にある。
 村史によると昭和4年頃まで1戸が残っていたという。また別の資料によると、宿屋を兼ねた茶店があり、山の特産品も販売。大正期には1人の女性医師が住み、周囲の住民の診療にあたったという。
 現地では道標および石仏(写真1・2)が見られるが、周辺および古道沿いで屋敷跡の特定はできず。現在の鋪装道路に埋没かとも考えたが、後者資料に「平辻には、屋敷跡と道標地蔵がある」とあり、石仏脇の僅かな平坦地が屋敷跡の可能性もある。

 


写真1 道と道標


写真2 石仏

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ