戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆若林(わかばやし)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「村岡」(昭和28.8)を使用したものである

所在:豊岡市日高町羽尻(はじり)字若林
地形図:栃本/村岡
アクセント:ワカバヤシ
形態:谷沿いに家屋が集まる
標高:約350m
訪問:2010年11月

 

 大字羽尻の中部にある。阿瀬(あせ)川の支流、若林川沿い
 金山も含めこの渓谷の一帯は観光地となっているため、道がよく整備されており歩きやすい。金山への道を外れ、思案(しあん)橋や蔵王大権現を過ぎしばらく歩くと、山道に沿って石垣で段々になった水田跡が見られる。この辺りが集落跡だが、屋敷跡や墓地は対岸にある。
 地元の方の話では、かつては5軒くらい。戦時中には既に無人になっていたといい、多くが羽尻地内に転出。田があったほか、炭焼きをしていたのではないかとのこと。
 なお「角川」によると神社は吉野神社。昭和18年、金谷(※羽尻の地区のひとつ)付近に移住とある。

 


写真1 屋敷跡

写真2 屋敷跡の石段

写真3 水田跡

写真4 三界万霊塔

写真5 墓地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ