戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆熊谷(くまだに)

在:京丹後市弥栄町須川(すがわ)
地形図:丹後平/網野
形態:谷沿いに家屋が少数集まる
標高:約300m
訪問:2010年8月

 

 町の西部にある。須川の集落から住山(現在の丹後森林公園スイス村)に至る途中の谷沿い。
 訪問時はスイス村より。キャンプ場脇の倉庫付近から遊歩道が延びる。しばらく下ると、谷沿いに農地の跡と思われる平地が見られるようになる。この付近に「熊谷一戸」の碑が建っており、集落がここにあったことを窺わせる。屋敷跡は分からなかったが、碑の近くに谷まで降りる道があった。家はこの先の対岸にあったのだろうか。
 後日須川で伺った話では、古くは2軒。最後の藤原(ふじわら)家は町内の黒部(くろべ)へ転出したとのこと。炭焼きと自給用の米作りで暮らしていた。

 論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期2戸、大正初期1戸、昭和37年に無人化。須川の端郷。

 


写真1 農地跡?

写真2 碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ