戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆駒倉(こまくら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「宮津」(昭和23.3)を使用したものである

所在:宮津市駒倉
地形図:日置/宮津
形態:山中に家屋が多数集まる
標高:約370m
訪問:2010年8月

 

 世屋(せや)地区西部の山中にある。宮津市内だが、弥栄町を流れる宇(う)川の水系に立地。
 市内・弥栄町・大宮町からそれぞれアクセスがあるが、市内の府道618号(未鋪装)からが比較的訪れやすい。
 集落跡は、府道と林道の合流点付近から少し北側に降りた辺り。「駒倉廃村の碑」(昭和47年建立)(写真1)があるので分かりやすい。ほか近辺には防火水槽や寺院(唯念寺)の跡、屋敷跡が見られ、姓と移転時・移転先が刻まれた石碑が建つものもある。屋敷跡は西側に向かってしばらく続き、その規模は当時を窺わせる。また林道を滝脇小杉方面に下ると、谷に沿って農地の跡も確認できる。
 また小学校の分校もあり、その跡地は府道から集落へ至る途中。集落からは離れているが、碑(写真5)が建っているのでそれと分かる。敷地で痕跡を探してみたが、隅にコンクリート製?の小さな水槽を見つけた程度。碑によると分校は「宮津市立世屋上小学校駒倉分校」。明治36年12月、世屋上尋常小学校駒倉分教場として開場。昭和41年3月廃校。碑は平成14年7月に、廃村30周年記念に建てたもの。

 なお大字駒倉は近世の与謝郡駒倉村。明治22年世屋村の大字となる。明治21年46戸。昭和41年世屋上小学校駒倉分校廃校(角川)。
 
論文「丹後地方における廃村の多発現象と立地環境との関係」によると、明治初期42戸、昭和37年26戸、昭和47年に無人化(市史によると5月)。

 


写真1 廃村の碑。「宮津市駒倉区四十八戸」とある

写真2 寺院跡の石段

写真3 「宝珠山唯念寺跡」の碑(沿革の全文はこちら

写真4 墓碑。寺院跡にて

写真5 「駒倉分校廃校跡」の碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ