戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆杉(すぎ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「彦根東部」(昭和26.9)を使用したものである

所在:多賀町杉
地形図:高宮/彦根東部 
形態:山中の凹地に家屋が多数集まる
標高:約530m
訪問:2008年7月

 

 芹(せり)川と犬上(いぬかみ)川に挟まれた山中、県道238号の途中にある。最近の地図でも道の両側に多数の建物が見られる。
 近世の犬上郡杉村。明治22年に脇ヶ畑村(のち多賀町)の大字となる。
 保月 の方の話では、家はかつて12、3軒。昭和50年くらいに無人化。保月と違い田はあった。また、畑作物による収入もあったよう。現地には10軒くらいの廃屋があったほか、光明寺跡地の碑(写真8)、神社(春日神社)も見られた。藤田姓・西山姓などを確認。
 明治13年ころ18戸74人。

 


写真1 廃屋


写真2 廃屋にて


写真3 半壊家屋

写真4 半壊家屋にて

写真5 廃屋

写真6 屋内のポンプ

写真7 家屋

写真8 寺院跡の碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ