戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆尾崎(おざき?)

所在:川根本町千頭(せんず)字尾崎
地形図:寸又峡温泉/井川 
形態:山の斜面に少数の家屋が集まる
標高:約800m(林道入口は400m)
訪問:―

 

 町史に記載されている地名。町史の説明から判断し、上日向より寸又川へ向かい、尾根を下った場所にある家屋群のことだと思われる。古い地図では、下西河内(しもにしごうち=河川名)の対岸の尾根に3軒の建物が見られる。
 林道(寸又川左岸線)は一般車輛通行止めで、時間の都合で断念。
 榎田姓・大村姓・大友姓、それぞれ千頭の桑之実(くわのみ)(昭和26)・寺野(てらの)(昭和23)・千頭西(せんずにし)に移転。狩猟・漁撈・登山ガイド等で生計を立てていた。

 

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ