戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆金山(かねやま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「八幡」(昭和33.6)を使用したものである

所在:郡上市大和町内ヶ谷(うちがたに)
アクセント:カネヤマ
地形図:門原/八幡
形態:川沿いに家屋が散らばる
標高:650m前後
訪問:2015年11月

 

 大字内ヶ谷の中部東寄り、亀尾島(きびしま)(※)沿いにある
 家々は川に沿って点々と建っていたようで、集落の範囲は南北に広い。現在は屋敷跡に簡素な別宅や小屋などが数軒置かれ、時おり滞在する人もあるよう。
 現地で会ったかつての住民によると、離村は昭和40年代半ば頃で、内ヶ谷開拓上会津下山もほぼ同時期であった。田畑はほとんどなく、炭焼きや林業を生業として暮らしていたという。

※ 町内での呼称は内ヶ谷川

 


写真1 石仏

写真2 祠

写真3 出合橋付近の建物跡

写真4 金山橋

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ