戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆椿(つばき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「美濃町」(昭和27.6)を使用したものである

所在:山県市椿
地形図:下洞戸/美濃
アクセント:バキ
形態:谷沿いに家屋が並ぶ
離村の背景:移転事業
標高:上・約220〜280m 中・約220m 下・約190〜220m
訪問:2009年5月

 

 武儀(むぎ)川の支流、椿谷に沿う。集落入口には「椿村の人家分布図」の碑(平成16.10建立)があるが、これによると上流から上村・中村・下村に分かれる。また「文亀元年頃に初まり(略)昭和四十六年閉村となる」とある。集落移転事業により大字笹賀(ささが)に移住。
 
なお大字椿は近世の武儀(むぎ)郡椿村。明治30年北武芸(きたむげ)村の大字となる。昭和25年山県郡に所属。昭和30年美山村(昭和39年美山町)の大字となる。(角川)

 

 

≪上村≫

 

 学校(北武芸(きたむげ)小学校椿分校)より上流にあたる。学校のほか、善林寺があった。分校跡に建つ記念碑(写真2.平成19.8建立)は、「椿村の人家分布図」と同じ人物による。碑より姓と世帯数は中原17・大澤12・江崎2の計31軒。集落内では墓地や「神明神社」も見られた。
 
以下は町史より学校の沿革。
  

 ―  北武芸小学校椿分校(椿589番地)
 明治6  益進義校椿支校(〓【晏に鳥】笑学校)設置
 明治16  椿学校と改称
 明治19  椿簡易科小学校と改称
 明治25  椿尋常小学校と改称
 明治30  笹賀尋常小学校椿分教場とする
 大正7  北武芸小学校椿分教場とする
 昭和16  北武芸国民学校椿分教場と改称
 昭和22  北武芸小学校椿分校と改称
 昭和46  集団移住により廃校

※ 本校も他2校との統合に伴い、平成13年に閉校している

 


写真1 学校跡(遊具)

写真2 記念碑

写真3 墓地

写真4 神社

 

≪中村≫

 

 学校南の橋を渡って下流に向かい、約800mの地域。碑より姓と世帯数は大澤4・中原3・真野3・大西・中山・藤田各1の計15軒。

 


写真 廃屋

 

≪下村≫

 

 集落入り口から中村までの地域。縣(あがた?)神社がある(ただし碑では「阿賀多神社」の表記)
 
碑より姓と世帯数は武藤17・井戸・江崎・平田・松井各1の計21軒。
 
古い地図では集落入口に学校が見られるが、詳細は不明。

 


写真1 縣(阿賀多)神社

写真2 碑

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ