戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆鹿籠(かろう)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:大町市八坂字鹿籠
地形図:日名/大町
形態:山中に家屋が少数集まる
標高:約850m
訪問:2010年5月

 

 金熊(かなくま)川の右岸で槍平の東の尾根上にある。近世の槍平村の枝郷の1つ。
 
桑梨 から北へ向かうルートと、槍平の神明社から尾根沿いを向かうルートがある。現在は小菅(こすげ)から集落のある尾根の下まで車道が通っているようで、こちらから訪れることもできると思われる。
 2010年、槍平より山道を歩き訪問。神社から集落西側の尾根までは十分な道幅があるが、かつては四輪車も往来していたのだろうか。少なくとも、二輪車の通行は可能だったと思われる。集落では蔵?(写真1)の残る屋敷跡や小さな神社(写真3)を確認。
 なお資料によると、集落の北西には鹿籠大峰山城跡、北東には「鹿籠磨崖仏」がある

 


写真1 蔵?

写真2 屋敷跡

写真3 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ