戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆穴ノ当(あなのとう?/アナントー)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」(昭和23.7)を使用したものである

所在:小谷村千国(ちくに)
地形図:雨中・塩島/白馬岳
異表記:穴の当(村誌)
アクセント:アントー
形態:山中に家屋が集まる
標高:約950m(黒川集落は約600m)
訪問:2008年5月

 

 大抜(おおぬけ)ノ沢上流の北側斜面にある。古い地図では、4軒くらいの建物と少し離れた尾根上に1軒の建物が見られる。かつては真木からも道がつながっていた。現在は黒川(くろかわ)集落より林道が延びる。
 林道
松ヶ尾身の方と出会い、話を伺うことができた。6軒の家があったが1軒は焼けてしまったとのことで、覚えているのは5軒。中村(なかむら)姓・宮島(みやじま)姓。昭和30年代くらいに無人になったそう。穴ノ当・松ヶ尾の場所も教えていただいた。
 尾根上にある1軒の建物は薬師堂で、最近の地図には載っていないが現存している(写真3)。屋敷跡は2箇所くらい見られ、1箇所は道の脇からも見ることができる

 


写真1 屋敷跡


写真2 電信柱


写真3 薬師堂

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ