戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆湯之沢(ゆのさわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:小川村小根山(おねやま)
地形図:高府/大町
形態:山中の一軒家
標高:約900m
訪問:2008年5月

 

 瀬戸川の古山(ふるやま)地区の山中にある。古い地図では2軒の建物が見られる。
 
中屋敷 よりも奥になる。流れを跨ぎながら渓流の左右を行き来するような道だが、山仕事で入る人がいるようで踏み跡や桟道はしっかりしている。しかし集落跡は沢の脇の斜面を登った場所にあるため、分岐する登り口を見つけなければならない。地図を頼りに集落への分岐を見つけ、僅かな踏み跡をしばらくたどると、屋敷跡を1箇所見つけることができた(写真1・2)。
 地元で炭焼きをしている方(中屋敷のページ参照)の話では、家は1軒、小林姓。30〜40年くらい前(1960〜1970年代くらい)に転出。なおここより奥に「明賀(みょうが)」という場所もあったそう。

 


写真1 屋敷跡


写真2 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ