戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆野間(のま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「大町」(昭和24.11)を使用したものである

所在:小川村瀬戸川(せとがわ)字野間
地形図:高府/大町
形態:山中に2つの家屋群がある
標高:手前・820m 奥・850m
訪問:2008年5月

 

 沢之宮の南にある。集落は、入口から見て手前と奥の2つに分かれる。それほど離れてはいないが、奥へは車道がつながっていない。手前には3軒の家(写真1・2)と墓地が残っている。大日方姓。うち1軒は比較的新しく、家の前の畑は手入れがされていた。奥では全て家が潰れてしまっているが、こちらもおそらく3軒。墓地もあり、大日方姓を確認。なお道はずっと奥まで続いており、山の斜面の小集落(全て無人)を経由しながら旧美麻村の万中(まんじゅう)集落まで結んでいる。
 資料『桐山の民俗』によると、文政8(1825)年12戸(「馬曲村絵図」)、天保10(1839)年13戸(同)、明治35年9戸53人、昭和47年7戸32人。巻末の「話者一覧表」では、13名全員が大日方氏。

 


写真1 廃屋(集落手前)


写真2 廃屋(集落手前)


写真3 屋敷跡(集落奥)

写真4 浴槽。タイルがカラフル(集落奥)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ