戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆勝負平(しょうぶだいら



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「飯田」(昭和27.7)を使用したものである

在:飯田市上飯田(かみいいだ)
地形図:飯田
/飯田 兀岳/妻籠
形態:谷沿いの一軒家?
標高:約890m
訪問:2013年11

 

 大字上飯田の南部、松(まつ)川右岸の支流沿いにある。飯田の中心部と中山道の妻籠(つまご)宿(南木曽町)とを結ぶ「大平(おおだいら)街道」(旧道)に沿う。
 現地では屋敷跡が1箇所と「南無阿弥陀佛」と記された碑(写真4)、また「勝負平住吉屋発祥之地」の碑(平成17年、元住民〔麦島氏〕による設置。写真5)が見られた
。発祥の地の碑より、初代は明治9年に生まれ、3代目が昭和29年に名古屋に移住したことが分かる。入植は明治期、無住となった時期は3代目の転出と同時か。なお集落上部を通る新道(現在の県道)には路傍に広場があり、地名を示す看板や石仏・石像が置かれている(写真6・7)。なおここにも「勝負平住吉屋発祥之地」の碑が立ち、これは屋敷跡にあるものとまったく同じ。

 


写真1 市ノ瀬‐勝負平間の石仏(以下旧道沿い)


写真2 屋敷跡

写真3 墓

写真4 碑

写真5 碑

写真6 地名の看板(以下新道沿い)

写真7 石像等

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ