戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆赤樽(あかたる?



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「飯田」(昭和27.7)を使用したものである

在:飯田市上飯田(かみいいだ)
地形図:飯田
/飯田 兀岳/妻籠
形態:谷沿いに家屋が少数集まる?
標高:約1,100m
訪問:(2013年11
月)

 

 大字上飯田の中部、西俣(にしまた)川支流の赤樽沢沿いにある
 入道の事務所跡の前に「赤樽沢」の看板があり、ここから橋で対岸の赤樽沢に渡ることができる。状態が悪いながらも踏み跡が残っており、しばらく遡行。500mほど進んだ分岐付近(写真2)に植林地があり、ここで谷に沿った踏み跡は終わる。この先は谷が荒れており困難が予想されたため、ここで引き返した。
 資料
『失われた村の生活』によると、当地を開発したのは村沢家で、通年で生活するようになったのは明治30年代中頃からとのこと。ほか代田家もあったよう。

 


写真1 赤樽沢の口


写真2 分岐付近。目的地は左方向

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ