戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆欠ノ下 (かけのした)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」(昭和23.7)を使用したものである

所在:白馬村北城(ほくじょう)字欠ノ下
地形図:塩島/白馬岳
異表記:欠の下(村誌)
形態:山中の一軒家
標高:約920m
訪問:2008年5月

 

 長峯の奥にある。古い地図では2軒の建物が見られる。
 長峯より先にも幅のある道が続いており、この欠ノ下もかつては自動車が往復していたことが窺える。ただし家屋は道に面しておらず、途中で脇道を降りなければならない。かつて地元で暮らしていた方に道を教わることができたため、迷わずに済んだ。屋敷跡には朽ちた建材が残っている。
 話によると、1軒(村誌によると最盛期に2軒)の家があったが姓は忘れてしまったとのこと。1950年代後半くらいに無人化。長峯が自家発電していたのに比べ、こちらは転出までランプで暮らしていた。長峯も含め、夏は田・畑(桑など)・養蚕、冬は炭焼きで暮らしていた。白馬の中心部にも田を持っていた。木炭の衰退後は宿やスキー場の手伝いをしていたという。
 地名は「崖の下」の意味か。

 


写真1 屋敷跡


写真2 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ