戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆入ノ平(いりのひら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「白馬嶽」(昭和23.7)を使用したものである

所在:白馬村北城(ほくじょう)字入ノ平
地形図:塩島/白馬岳
異表記:入の平(村誌)
形態:山中に家屋が集まる
標高:約900m
訪問:2008年5月

 

 菅(すげ)沢の右岸の上流部にある。古い地図では4軒くらいの建物が見られる。
 集落跡までの道は四輪車が通れるくらいの幅があるが、笹や灌木、崩壊などでかなり荒れている。途中、道の真ん中に道祖神のようなものが佇んでいた(写真1)。道脇に石垣が組まれている場所がかつての集落。屋敷跡のひとつには竈・外の水道場・生活用品などが残る(写真2・3)。その他にもいくつか人家があったような敷地や農地の跡があった。
 村誌によると、最盛期は6戸。

 


写真1 道祖神?


写真2 竈


写真3 屋敷跡

写真4 屋敷跡より

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ