戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大垈(おんた)


※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「南部」(昭和22.5)を使用したものである


在:南部町成島(なるしま)字大垈
地形図:南部/南部
異表記:大岱(旧版地形図。誤植か)
異読:おおぬた(橋梁名「新大垈橋」)
アクセント:ンタ
形態:山中に家屋が集まる
標高:約540m
訪問:2010年3月

 

 戸栗(とぐり)川の支流、南俣(みなまた)川の上流にある。
 以下はかつての住民(成島の釜の口(かまのくち)在住)から伺った話をまとめたもの。

かつては8軒。すべて足川(あしかわ)
昭和17、8年に最初の1軒が転出。以降少しずつ離村が始まり、昭和30年くらいに最後の家が転出。6軒は南部町内に留まった
山仕事・畑仕事で暮らしていた
集落の起こりは古く、元禄時代の墓もある
名字はすべて同じだが、家紋は2種類
現在も残る神社(写真2)は、神奈川・鎌倉市の鶴岡(つるがおか)八幡宮から分祀したもの。格式が高い
(正一位)

 集落までは林道(大垈線)が延び、乗用車でも訪れることができる。現地では神社の社殿のほか屋敷跡数箇所を確認。墓地や灯籠などもある(写真3・4)。
 地名は「オオヌタ」を短縮したものだろう。広く湿った場所(=ヌタ)の意か。なおアクセントは最初の1文字にある。

 


写真1 屋敷跡


写真2 神社


写真3 墓地


写真4 灯籠・祠

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ