戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆葛ヶ原(くずがはら)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「荒島岳」(昭和22.3)を使用したものである

所在:大野市仏原(ほとけばら)字村内(むらうち)ほか
地形図:下山/荒島岳
形態:川沿いの斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約360m
訪問:2012年11月

 

 大字仏原の東部、九頭竜(くずりゅう)川左岸にある。
 市史によると、仏原の枝村。仏原ダム建設に伴い、昭和32年全戸が木本原(※)の開拓地へ移住したという。集落には浄土真宗の道場(寺号のない仏教施設)があったが、昭和33年廃止。
 また中島に展示されている集落の地図(昭和30年頃)には、村中2・馬道・畑中・三島・山岸各1の計6戸および道場・白山神社が記載されている。かつての国道は右岸を通っており、集落は吊橋で結ばれていた。
 現在は湯上発電所の用地となり、大きく整地され跡形もない。

※ 現在の大字榎(えのき)

 


写真1 仏原ダム

写真2 集落跡付近

写真3 同。発電所設備

写真4 覆道出入口付近の平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ