戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆上若生子(かみわかご)



※ この地図は、内務省地理調査所発行の1/50,000地形図「荒島岳」(昭和22.3)を使用したものである

所在:大野市上若生子字村内(むらのうち)ほか
地形図:中竜鉱山/荒島岳
異読み:かみわこうご
形態:川沿いに家屋が集まる
離村の背景:ダム建設
標高:約300m(水面は約340m)
訪問:2012年11月

 

 現在の市の南西部、真名(まな)川沿いにある。現在は真名川ダムの人造湖(麻那姫(まなひめ)湖)に水没。
 以下は市史および「角川」より集落に関する記述。

明治5年58戸318人、同44年61戸323人、大正9年69戸358人、昭和5年50戸270人、同30年48戸236人。昭和41年7月の真名川ダム建設決定により、同44年地内の全員が離村
神社は白山神社。離村時市内篠座町(しのくらちょう)の篠座神社に合祀
下若生子でも行われていた「扇踊(おうぎおどり)」は、県の無形民俗文化財。平家の落人が若生子に落ち延び、都を偲んで踊ったと伝わる。現在は笹座に保存会が置かれている
大字としての上若生子は近世の大野郡上若子村。明治22年上庄村(のち大野市)の大字となる
学校の沿革は以下のとおり

 明治8  若生子小学校開校。校区は上若生子・下若生子
 明治20  簡易科若生子小学校となる
 昭和19  高等科設置
 昭和22  若生子小学校と改称。上庄中学校若生子分校併設
 昭和31  中学校分校廃止
 昭和44.12.1  廃校
※ 学校跡の碑によると、学校の位置は開校から明治11年までは道場、大正14年までは神社境内、以降は廃校時の場所

 また中島に展示されている集落の地図(昭和30年頃)には、島田4・高畑4・林4・廣澤4・石田3・川島3・笹島3・中島3・廣瀬3・岸田2・酒田2・金子・川口・川瀬・川端・下山・杉下・竹内・仲谷・橋本・山本各1の計45戸のほか、道場(寺号のない仏教施設)が記されている。
 集落は完全に水没しているが、車道沿いには「ふるさとの碑」(昭和46年建立)や学校跡の碑・石仏などが集められた広場がある。以下は「ふるさとの碑」の全文。

上若生子部落の発祥は遠く上古大和時代越後国の跡を平げた大若子命の御名代に起因すると伝えられ千数百年の歴史をもち幾多の風雪に堪えてきたのである更に中世以降は西谷穴馬岐阜大野に通ずる交通の要衝として発展し祖先は激しい歴史の変遷の中で真名川の狭隘な山野と地勢環境を活し生活の目標をたて鉱山の採掘又は木地師など或は養蚕製紙木炭若生子茶を生産し戦国時代から江戸時代更に明治大正昭和と文明の栄えし今日〓(※1)真名川の清流と共に子孫のために墳墓の地を守り生きぬいてきたのであります時あたかも昭和四十年九月十四日真名川上流を襲つた集中豪雨は一夜に千四十四粍という前古未曽有の降雨をもたらし当地域は壊滅的災害を蒙り田畑の荒廃家屋の流失は惨状その極に達してその復興は絶望的と考えられる程であった此の時において建設省は下流の災害防止と国土保全のために防災ダムの建設計画がなされ協議の結果移住ときまり遠く部落発祥以来歴史と共に培れてきた墳墓の地や総ての文化は今やダムの湖底に没する運命となり住民のすべては第二の人生を開拓すべく離郷移住し上若生子部落の歴史を閉じたのであります
 「嗚呼 たれかこの悲しみをしらんや」
ここに住民の名(※2)を刻み永く後世に伝えられ古郷を偲ぶ心の糧としてこの碑を建立し併せて諸靈の冥福をお祈りする

※1 〓は「しんにょうに占」
※2 「水没時在住者」と「水没前在住者」を併せると、川島6・笹島6・林6・石田5・廣瀬5・島田4・中島4・廣澤4・川口3・川端3・高畑3・岸田2・酒田2・中谷2・金子・川瀬・澤田・清水・下山・杉下・竹内・仲谷・橋本・山本各1

 


写真1 真名川ダム

写真2 集落付近

写真3 ふるさとの碑

写真4 学校跡の碑

写真5 石仏群

写真6 往時の集落風景(中島にて)

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ