戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆田代(たしろ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「冠山」(昭和26.3)を使用したものである

所在:池田町田代
地形図:冠山/冠山
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約420m
訪問:2012年11月

 

 町の南部、足羽(あすわ)川支上流にある。
 町史によると、もと河内(こうち)の枝村。木地師が定住して集落が開かれたよう。古くは主に木地挽に従事し、ほか養蚕・コウゾ栽培・黄蓮栽培で暮らしていたという。農閑期に男性は伏見へ酒造りの出稼ぎにも行っていた。神社は「秋葉さん」。安政2(1855)年15戸102人、明治6年14戸88人、同19年16戸120人、大正9年17戸98人、昭和4年14戸、同45年2戸。同書の「要図」には福田2・田中・橋本・松葉・美濃口・宮越・村田各1の計8戸が記載されており、宮越家は、安政の頃から峠越えの行商人の宿であった。
 離村後冠山青少年旅行村施設のキャンプ場が開設されたが、現在は廃業。
 学校(池田第一小学校田代分校)の沿革は次のとおり。

 明治44.12  冬期仮分教場開設
 昭和3.4.1  分校開設。田代道場を教室とする
 昭和37.3.31  廃止

 日没のためあまり集落内を見ることはできず、道路から近い山林で屋敷跡や平坦地を確認したのみ。最近の地図でも地名と建物が1つ記載されているが、これも既にない。
 なお大字田代は近世の今立郡田代村。明治22年上池田村(のち池田村→池田町)の大字
となる(角川)

 


写真1 地名表示


写真2 石仏


写真3 便所

写真1 屋敷跡

写真5 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ