戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆柏谷(かしわだに/カシワダン)



※ この地図は、大日本帝国陸地測量部発行の1/50,000地形図「大野」(大正8.9)を使用したものである

所在:池田町水海(みずうみ)
地形図:宝慶寺/大野
形態:山中に家屋が集まる
標高:約510m
訪問:2012年11月

 

 水海川右岸山中にある。水海の本集落と美濃俣の間。
 町史によると、昭和22年頃柏谷氏を最後に無住となったとのこと。寛文13(1673)年、4名の記録がある。慶応の頃には10戸余に増えたが、大正13年頃から離村者が出始めた。また池田第一小学校柏谷冬期仮分教場が明治42年12月から設けられていたが、廃止時期は不明とある。その後の通学は美濃俣の又新小学校。
 訪問は彼之俣川付近の林道より。適当な場所で見当をつけ植林地の斜面を下ると、すぐに集落上部の段々になった農地跡が確認できる。この下方に家々があったと思われるが、屋敷跡の特定には至らず。なお集落真下の県道沿いには石仏(写真5)があるが、集落への登り口付近だろうか。
 なお、読みは役場への問い合わせで確認。

 


写真1 農地跡

写真2 集落風景

写真3 平坦地

写真4 開けた平坦地

写真5 集落真下の石仏

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ