戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆高山(たかやま)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「經ヶ嶽」(昭和24.1)を使用したものである

所在:白山市白峰字大道谷(おおみちだに)
地形図:北谷/越前勝山
形態:山中に家屋が集まる
標高:約850m
訪問:2011年8月

 

 村の西部、大道谷川右岸山中にある。福井県との境界にもほど近い。
 訪問は苅安へ向かう林道より。橋の袂より送電線管理のための道を進むと、集落跡の近くを通る。消えかけた踏み跡をたどると、路傍に古い墓石を確認(写真1)。さらに進むと屋敷跡と思われる平坦地(写真2)に行き着いた。ここでは何かの穴や、木の根元に設けられた石積みが確認できる。なお墓の手前にも藪になった平坦地があるが、遺構は分からず屋敷跡であるかは不明。
 太田で会った方の話では、覚えている範囲で2軒。
 村史によると、昭和31年の各戸の様子は以下のとおり。番号は下流側より。また読みは太田の方の話より。

番号  屋号 備考
1 千滝(せんたき) ヤシチロ 白峰からの出作り住居
2 木戸口(きどぐち) シヨモ  

 千滝家は農業、木戸口家は炭焼きおよび農業が「職業」となっている。

 


写真1 墓

写真2 屋敷跡

写真3 穴

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ