戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆苛原(えらばら・いらばら)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「經ヶ嶽」(昭和24.1)を使用したものである

所在:白山市白峰字河内谷
地形図:加賀市ノ瀬/越前勝山
形態:山中に家屋が散らばる
標高:約760m
訪問:2011年8月

 

 大字白峰の北部にある。大杉谷川から北俣谷・イモイワ谷にかけて沿う。小字河内谷の一部。
 林道大杉谷線より訪問、大杉谷川・北俣谷の間にある尾根を中心に探索するも、集落の痕跡はよく分からず。何かの小屋が1軒見られたが、用途および過去の宅地であったかどうかは不明(写真2)。

 村史によると、昭和31年の各戸の様子は以下のとおり。住宅配置図は「河内谷」で一括して記載されており、苛原の範囲は管理人の判断による。( )は季節的な出作り住居。

  屋号 親村
1 (愛宕) (イシ〔イツシヨモイシ〕) 風嵐
2 (長坂) (ヨジ〔ヨイチ〕) 白峰
3 (藤部) (ヘイチ) 勝山市
4 永吉 セイシヨウ  
5 (木戸口) (マゴサブロ)  
6 小田

ムツバ

 
7 (中村) (タケゾ) 風嵐
8 (織田) (オリマツ) 鶴来町【現・白山市】
9 (永吉) (セイハチ) 勝山市
10 (永井) (キンシロ) 風嵐

 また集落には臼落(うすおとし)神社がある。もと「ウスオトシ」と呼ばれる場所(※1)にあったが、昭和8年現地(※2)に遷座。
 最後の長坂家は昭和59年秋に山を降り(※3)、その出作り小屋は民俗資料館に移築されているという。
 なお昭和9年の調査では、13戸67人


※1 集落やや下流の、大杉谷川右岸
※2 大杉谷川・イモイワ谷の間にある尾根
※3 河内谷全体では、昭和63年の愛宕家が最終

 


写真1 集落遠景(中央部の植林地)

写真2 小屋

写真3 平坦地

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ