戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆栃原(とちはら・とちわら)

所在:南砺市利賀村栃原
地形図:城端/城端
形態:山中に家屋が集まる
離村の背景:?
標高:約390m
訪問:2011年6月

 

 村の北西部、庄(しょう)川左岸の山中にある
 現在は採石場やスキー場があり、道端には何かの倉庫が建ち並ぶ。往時の家屋は残っておらず、生活感はほとんど見られない。集落内には市指定の史跡・栃原念仏道場跡(写真3)や、道場を作った綽如(しゃくにょ)上人ゆかりの「御佛供清水(おぶくしょうず)」(写真4)もある。神社は鳥屋神社(写真5)。
 村史によると、過疎化により昭和40年代後半には住民の大半が転出し、無住になったという。昭和初期まで田は少なかったようで、事業により田を造成し米の増産を図った。また昭和40年代には養蚕を取り入れ、桑畑の造成や飼育場の建設などを行った。以下は世帯数・人口の推移。

  明治5 明治22 昭和5 昭和10 昭和30 昭和40 昭和50 昭和63 平成5 平成16
戸数 27 32 22 19 18 12 1 3 4 2
人口 188 217 204 145 114 76 5 4 6 3

 なお集落にはかつて学校(利賀小学校栃原分校)があり、HEYANEKO氏の調査によると明治35年開校、昭和48年休校、昭和51年閉校とのこと。
 「角川」によると、山地のため田が少なく主に畑で耕作をしていたという。養蚕・和紙の製造が主な産業。昭和51年無人化。また大字栃原は近世の礪波郡五箇山(ごかやま)利賀谷の栃原村。明治22年利賀村の大字となる。

 


写真1 倉庫群

写真2 石仏

写真3 栃原念仏道場跡

写真4 御佛供清水

写真5 神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ