戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆大沢(おおさわ)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「五百石」(昭和32.3)を使用したものである

所在:上市町大沢
地形図:大岩/五百石
形態:川沿いに家屋が集まる
標高:約370m
訪問:2011年6月

 

 大岩(おおいわ)川上流部にある。
 現在はかつての住民が建てた家屋が1軒と熊野神社(写真1)がある。広い平地となった田の跡も見られる。
 訪れていた旧住民の話では、かつては20軒くらい。昭和46、7年に無人になったが、1世帯が籍だけを置いている。炭焼きや田の耕作、出稼ぎで生活。集落にあった冬季分校(※)は、大沢・中ノ又の1〜4年生が通い、5、6年生は冬でも大岩まで通学していたという。
 なお大字大沢は近世の新川郡弓荘の大沢村。明治22年上新川郡茗荷谷村(のち大岩村→上市町)の大字となる。明治5年24戸(角川)。

※ 町誌によると、大岩尋常小学校大沢冬季分教場として大正8年1月に設置された

 


写真1 熊野神社

写真2 川沿いの風景

写真3 屋敷跡

写真4 学校跡

写真5 田の跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ