戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆小貫(こつなぎ



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「十日町」(昭和21.10)を使用したものである

在:十日町市(ぼ)
地形図:塩沢
/十日町
形態:川の合流部の一軒家

標高:約360m
訪問:2016年11

 

 旧市域の南部、羽根川と小貫川の合流部付近にある。所属は、地図サイトでは表記なしもしくは「己」、手持ちの道路地図では「六箇(ろっか)戊」、国土地理院の地図サイトでは「戊」となっている。
 現地を訪れていた方の話では、もと1軒。離村は昭和55、6年頃ではないかとのこと。主な生業は水田の耕作。
 現在も県道沿いや谷沿いで水田が耕作されている。屋敷跡は県道沿いの羽根川・小貫川の合流部付近(写真4)。

 


写真1 小貫沢


写真2 水田(県道沿い)

写真3 水田(小貫沢沿い)

写真4 屋敷跡

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ