戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆牛池新田(うしいけしんでん



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「高田西部」(昭和22.2)を使用したものである

在:上越市牛池新田
地形図:
高田西部/高田西部
形態:山中に家屋が集まる

標高:約160m
訪問:2015年11

 

 市街地(高田(たかだ)駅付近)より北西におよそ5.7km、関(せき)川支流の御館川上流部にある
 訪問は宮野尾より。麓の中門前(なかもんぜん)には、「宮野尾牛池」の表記で案内標識(写真1)がある。現地には廃屋や小屋が数軒。集落の北側には現在も耕作されている水田がある。
 「角川」によると、もと頸城郡牛池新田。明治22年春日村の大字となる(のち高田市→上越市)。江戸時代中期に開発され成立。春日山城裏手の番屋砦が置かれたところに新田村として開けた。神社は伊勢神明社。地名の由来は、牛の水場からという。山坂が多く当初は牛が唯一の運搬手段であった。明治21年6戸46人、昭和63年1戸2人。

 


(写真1 標識)


写真2 道と建物

写真3 廃屋

写真4 小屋

写真5 屋敷跡

写真6 農地跡

写真7 溜め池

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ