戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆峰畑(みねはた)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「五日市」(昭和23.2)を使用したものである

所在:奥多摩町氷川(ひかわ)字峰畑
地形図:奥多摩湖/五日市
異表記:峯畑・嶺畑
形態:山中に家屋が集まる
標高:約600m(寺地集落は約400m)
訪問:2005年秋・2006年3月

 

 寺地(てらじ)集落より沢沿いに山道を登る。やがて道が沢から逸れると、茶碗や壜のかけらが見え始め、すぐに最初の住宅の物置が見えてくる。屋敷跡には倒潰した家屋の建材と台所の一部が残る(写真1)。落ちていた電気使用量のメーター(写真2)の庇には、「危険防止のためメーター取り外す」といった内容のラベルが貼られていた。現在の地形図では畑の記号があるが、現在は畑はなく植林がされている。また付近には放置された墓地がある。
 はっきり屋敷跡だと分かるものは、ここを含め2箇所。もう1箇所(写真3)は、倒潰し苔むした建材が地面に落ちているほか、テレビ・冷蔵庫(写真4)・照明といった電器や、便器・浴槽(写真5)が残されている。
 集落の外れには「将門神社」(写真6)がある。
絹笠の絹笠神社に比べ、手入れはされておらず傷みが目立つ。
 なお最近の地形図には大きな建物が見られるが、これは東京農大奥多摩演習林の宿泊施設(氷川2137番地)で集落由来のものではない。
 資料によると山本姓2、山中姓2、杉村姓1。「寛文検地帳」には6戸登載、明治時代には7戸の民家があったそう。離村は昭和40年代か。
 地名は、山中に開いた耕地のことだろう。

 


写真1 台所

写真2 電気使用量の計器 


写真3 屋敷跡


写真4 冷蔵庫

写真5 貯水槽と浴槽

写真6 将門神社

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ