戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆十々六木(とどろき)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「三峯」(昭和22.4)を使用したものである

所在:秩父市大滝十々六木
地形図:三峰/三峰
異表記:廿六木
形態:山の斜面に家屋が集まる
離村の背景:ダム工事(それ以前に自然消滅?)
標高:約500m
訪問:2006年3月

 

 国道140号沿い、中津(なかつ)川の左岸で、滝沢ダムの手前。古い地図では6、7軒の建物が密集している。
 訪問時はダムがほぼ完成しており、往時の集落の様子はほとんど見られなかった。2箇所の建物跡を見つけたが、人家であったかどうかは不明。1つは廃材が積み重ねられており(写真3)、1つは石垣の上にブロック塀が巡らされている(写真4)。その他農地の跡・貯水槽?など。その他生活用品や碍子が打ち捨てられていることから、生活の跡が窺える。集落跡からは、ダムの高低差を登るために造られた
ループ橋を仰ぎ見ることができ、過去と現在の対照的な風景が入り交じる。
 
滝ノ沢 の寺院の記念碑に刻まれた「旧檀家名」より加藤姓・木村姓・千島姓・山中姓を確認。
 地名は、谷を流れる水の音から由来しているのだろう

 


写真1 廿六木雷電橋。手前の道路は旧県道210号


写真2 集落跡。石垣が見える(中央)


写真3 何かの跡

写真4 石垣とブロック塀

写真5 最上部にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ