戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ

 

◆蝉指(せみざす)



※ この地図は、地理調査所発行の1/50,000地形図「秩父」(昭和26.3)を使用したものである

所在:飯能市上名栗(かみなぐり)字蝉指
地形図:正丸峠/秩父
異読:せみさし
アクセント:ミザス
形態:山中に家屋が少数散在する
標高:約560m
訪問:2005年秋

 

 名栗川の支流のひとつ、山中入の左岸斜面にある集落。古い地図では、斜面に3軒の建物が点在する。現在は1世帯が在住。最近の地図でも林道山中線より破線の道しか描かれていないが、実際は林道蝉指線が延び、自動車でも行き来できる。
 地図の破線部を歩くと傾斜がきつい。小型モノレールが通っているものの所々レールは壊れている。やがて斜面には果樹の畑が見え、民家の庭に出てくる。家屋はたいへん立派な造りをしており、林道ができるまでは建材の運搬だけでも大変だったことが窺える。
 住民に挨拶をし話を伺うと、かつては農林業や炭焼が生業だったことや、「サス」地名のこと、
山中 のことなどを話してくれた。

 


写真 民家の玄関にて

 

戻る 前へ 次へ 市町村選択ページへ 都道府県選択ページへ トップページへ